いっしょに行こう!

photo by 中川正子

森山幸治プロフィール

>>詳しく読む

森山幸治(Moriyama Koji)

岡山市議会議員/ニューワールドパーティ代表/サウダーヂエンタテインメント(有)代表昭和49年12月3日 岡山市生まれ(42歳)

平成 8年 吉備国際大学在学中に洋服店『ルート5』を開業

平成12年 カフェバー『サウダーヂな夜』を岡山市北区天神町に開業

平成14年 旧日銀岡山支店(現ルネスホール)にて音楽フェスティバル「真夏の夜の夢」を開催

平成15年「 第2回真夏の夜の夢」を旧内山下小学校にて開催(おかやまジャズフェスティバル共催)

平成16年 ルネスホールを運営するNPO法人バンクオブアーツ理事に就任

平成18年 岡山後楽園「幻想庭園」のイベントプロデュース

平成18年 岡山市問屋町再開発プロジェクトビル『アローアンドデパートメント』のプロデュース

平成19年 カフェ『城下公会堂』を岡山市北区天神町に開業

平成22年 BAR『Lyoba』を岡山市北区天神町に開業

平成22年 おかやま国文祭「秋は夕暮れオカヤマ城下町の大衆オンガク祭」を岡山城にて開催

平成22年 「特定非営利活動法人SAUDADEHAUS」代表理事(まちづくりに関する課題に取り組むためのNPO法人)

平成23年 岡山市議会議員選挙へ立候補

平成23年 2280票を得て岡山市議会議員へ当選

平成27年 4469票を得て岡山市議会議員二回目の当選

議会活動、会社経営とともに、「マチナカギカイ」「マチノブンカサイ」「瀬戸際世界芸術祭」などのイベントをNPOやマチの仲間たちと企画・運営。多様なライフスタイルを持つ人たちが繋がっていくような"縁の場"を作り続けている。妻、子ども3人の5人家族。

< BACK

photo by 中川正子

あたらしいマチづくりのために

>>詳しく読む

ボクが考えるあたらしいマチのために、
やらなければいけないこと、やり続けたいこと

①マチナカのリノベーション

②知的・情緒発達障がいの環境改善

[ マチナカのリノベーション ] 「新しい公共」をつくるために、まずはその担い手とされる質の高いNPOを育てなければならない。これから条例改正される「岡山市まちづくり恊働条例」をよりよいものにしなければ。

また、「公共スペース」(公園、空き公施設、商店街など)を、誰もが利活用できる仕組みを考える必要がある。今は自治体が「維持」「管理」しているが、NPOなどの団体への委託や連携により「運営」(パークマネージメント)という新たな視点が加わり、にぎわいの創出が期待できるはず。これが市民協働の契機になり、多様な連携が図れ、互いを尊重し合える「新しい公共」実現の第一歩になる。

とりわけ「旧内山下小学校」は文化財的価値を考慮し、地域の人々や観光客が利用可能な文化創造拠点へとリノベーションされることが望ましい。また、市民会館、市民文化ホールの再整備が喫緊の課題である。ただ建てるのではなく、建物の美しさ、そしてなにより運営手法が重要だ。地域にとっての賑わい拠点となり、誰でも気軽に集えるような社会包摂機能が必要である。両館の整備が、今後の中心市街地の賑わい創出の大きな鍵を握っているのは間違いない。恐れずに挑んでいく。

< BACK

[ 知的・情緒発達障がいの環境改善 ] 「健常」と「障がい」、この差はなんだろう? この3年間、障がい福祉・教育(デイサービスや特別支援学級、作業所等)の現場を歩き、僕なりの答えが見えてきた。健常者がすべからく「健全」ではないこのご時世。「障がい」とは個人に落とし込められるものではなく、人と人、また人と社会の「間」に存在するのだと確信する。つまり、不理解からおきる差別・偏見である。

まずは、当事者の生きづらさや困難を知り、理解共有される社会環境をつくらなければ。そうすれば、お互いの「間」にある「障がい」をゼロにはできなくても、小さくすることができるのではないか。発達障がいと呼ばれる子どもたちへの“早い段階”(これにより不登校などの二次障がいを防ぐ)での学習・授業や生活支援環境改善のため、学校、家庭、福祉機関、また、成人の方々の就労支援のため、行政、企業等、多様な関係団体をつないでいきたい。

「障がい」は環境次第で「能力」になる。もっと言うと、発達特性をもった人々は、これからの持続可能な社会をつくるための「大切な種である」と確信している。

< BACK

photo by 中川正子

議員になってやってきたこと

>>詳しく読む

「旧内山下小学校」の跡地活用

城下エリアの再生のカギを握る、「旧内山下小学校」の跡地活用。これまで、若い世代に集まってもらい、ワールドカフェなどを通じて跡地活用のアイデアを募ってきた。

また、実際に旧内山下小学校を会場に「マチノブンカサイ」や「瀬戸際世界芸術祭」といったイベントも開催。

老若男女、障がいの有無も関係なく、たくさんの方々にこの場所を知ってもらう機会ができた。現在2014年9月から12月まで旧内山下小学校、石山公園にて社会実験中。

< TOP

マチナカギカイ

「行政や市議会は何をやっているのかわからない」。
これ、僕も感じていました。

これから、特に次世代を担う若い人たちが地域のマチづくりについて関心を持ってもらうためにはどうすればいいのか?

そこで考えたのが、「街中でも議会を!」ということで、「マチナカギカイ」というイベント。

市街地のカフェやライブハウス、劇場、大学、お寺などに皆で集い、マチの課題を熱く話し合った。

< TOP

シギカイツアー

岡山市議会を見学にいく「シギカイツアー」を企画。若者を中心に約40名が集合!!

満員の傍聴席のお陰で僕の代表質問も良いものになった。

これからもいろんなユニークな方法で、若者が市政に関われる機会を創出していきたい。

< TOP

瀬戸際世界芸術祭

きっかけは、「瀬戸内国際芸術祭」の集積を岡山市街地に繋げたいという願い。 ある意味"瀬戸際"ともいえる、"障がい福祉の世界"。音楽・演劇というアートの力で、様々なボーダーライン(誤解や偏見、福祉を取り巻く固定概念)を飛び越え、新しい世界を作り出している鹿児島はしょうぶ学園の楽団「otto&orabu」、奈良は元たんぽぽの家の劇団「くらっぷ」の二団体を招聘。 福祉関係者や音楽・演劇ファンのほか、多様な方々にお集まり頂いた。二部ではシンポジウムも開催。街と福祉とアートの可能性について意見やアイデアを交換した。

< TOP
< TOP
モリヤマアレコレ

>>詳しく読む

モリヤマアレコレ

< BACK